北陸新幹線若提早開通大阪延伸線,將帶來4.3兆億的經濟效益!

北陸新幹線は、高崎駅~金沢駅間345.5kmが開業済みです。すべての列車が東北・上越新幹線に乗り入れて東京駅または上野駅の発着です。

金沢以西については、金沢~敦賀間125kmが建設中で、2023年春に開業予定です。敦賀~新大阪間はルートが決定したのみで、着工時期や開業時期は未定です。

北海道新幹線の最高速度は時速260kmです。敦賀開業時点で、東京~福井の所要時間は2時間50分、東京~敦賀の所要時間は3時間5分です。東京~福井は北陸新幹線経由が早くなりますが、東京~敦賀は東海道新幹線と「しらさぎ」を米原で乗り継ぐ方が時間的には早いです。

画像:鉄道・運輸機構

画像:鉄道・運輸機構

金沢以西には、小松、加賀温泉、芦原温泉、福井、南越(仮称)、敦賀、東小浜付近、京都、松井山手付近、新大阪に駅ができます。小松、加賀温泉、福井、敦賀、京都、新大阪は在来線駅と併設です。

南越駅はJR北陸本線武生駅から約5km東に位置し、北陸自動車道武生インターチェンジの南側に設置されます。東小浜と松井山手の駅位置は未定ですが、それぞれ小浜線、学研都市線の在来線駅と併設される可能性が高そうです。

北陸新幹線の金沢~新大阪間は「整備新幹線」として整備が進められています。 整備新幹線は、鉄道・運輸機構(鉄道建設・運輸施設整備支援機構)が新幹線施設を建設・保有し、営業主体であるJRに対して施設を貸し付ける枠組みです。貸付を受けるJR西日本は受益の範囲内で鉄道・運輸機構に貸付料を支払います。

北陸新幹線の金沢~敦賀間の建設費(工事費)は、国土交通省の最新の試算によると約1兆1,858億円です。敦賀~新大阪間の建設費は未確定ですが、概算で2兆1,000億円とされています。

北陸新幹線の開業後、並行在来線はJR西日本から切り離されます。すでに金沢~敦賀間の開業後、JR北陸線の同区間が第三セクター化されることが決まっています。そのため、特急「サンダーバード」は大阪~敦賀間の運転に、特急「しらさぎ」は名古屋・米原~敦賀間の運転となります。

敦賀駅の在来線ホームと新幹線ホームは約200m離れていますが、接続する在来線特急は、新幹線ホームの下に専用ホームが設けられる予定です。そのため、上下の移動だけで新幹線と「サンダーバード」「しらさぎ」の乗り換えが出来る予定です。

敦賀~新大阪間については、並行在来線に該当する路線がどこになるのか、新幹線開業後の在来線の運行形態がどう変わるのかは、明らかにされていません。敦賀以南のJR湖西線・北陸線はそのままで残るとみられますが、「サンダーバード」は在来線特急としては廃止になるでしょう。

友情リンク
本サイトに掲載されている全ての写真及び映像データーは参考です。実物はこれらと異なる場合があります。
© 2020 JAB デベロップメント株式会社 粤ICP备18105265号-1